シンスプリント(過労性骨膜炎)

この様なことで
お困りではありませんか?

  • すねを押すと痛い
  • 走ると痛い
  • ジャンプすると痛い
  • 運動初期は痛いがだんだん痛みがなくなる
  • 悪化すると安静にしていても痛い

シンスプリント(過労性骨膜炎)とは?

ランニングやジャンプなど、足関節の底背屈を繰り返すことによってすねの内側の筋肉を使いすぎる事によって筋膜に炎症が起こるのがシンスプリント(過労性骨膜炎)です。
痛みが出るとすねの内側の骨が痛いように感じますが骨自体は痛みを感じる事はなく、すねの内側の骨膜が炎症を起こして骨が痛いと感じます。特に中学生や高校生に起きる事が多くその原因は成長期で骨が完全に形成されない段階で柔らかく、その状態でランニングやジャンプを繰り返し骨がしなり負担がかかる事の多い人がシンスプリント(過労性骨膜炎)にかかりやすくなります。
特に陸上競技、ジャンプ系の種目(バレーボール・バスケットボール・サッカー・テニス等)に多くみられます。

シンスプリント(過労性骨膜炎)
主な原因と放置しておくとどうなるか

発症初期はすねの内側にズキズキとした痛みが出ます。運動初期は痛みが出ますが運動をしていると痛みがなくなり運動が出来るようになります。これは血行が良くなり筋拘縮がなくなった為に痛みを感じません。しかし、症状が悪化すると炎症が強くなり運動しても痛みが軽減することなくすねの内側の骨の痛みが持続します。
自然に回復する人もいますが、すねの骨の痛みがあるのにもかかわらず運動を続けることによって人によっては半年以上など長引く可能性が出てきます。

シンスプリント(過労性骨膜炎)における
F.C.C.かやば町整骨院
具体的な施術方法について

F.C.C.かやば町整骨院ではシンスプリントに対して痛みの出ているすねの内側の痛みに対してアプローチするだけでなく足関節や股関節にも原因があると考え治療を進めていきます。
今、あなたが痛みが出ているのは右のすねですか?それとも左のすねですか?
よく考えてみて下さいね。右と左と同じように身体を使って入れば両方の足に痛みが出てもおかしくはないですよね?でも片方だけの痛みではありませんか?それは骨盤の歪みやフォームの崩れによってどちらかの足に負担がかかっている証拠です。
F.C.C.かやば町整骨院ではその根本となる原因を追究し痛みを取るだけでなく再発症しない体作りを目指し治療を行っています。
F.C.C.かやば町整骨院ではスポーツマッサージを中心に鍼通電治療・テーピング・電療・超音波治療を行い痛みの根本治療をしています。

F.C.C.かやば町整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。